異形ブロック専門部会


概要

近年、漁港・漁村・海岸においての自然の猛威が特に目立つこととなっています。 沿岸漁場における水産資源の維持・増大への対応や、また、最近とみに高まってきた自然環境の保全、多様化するニーズへの対応、 更には豊かな海を再生し、水産資源の持続的な利用を図るため自然との共生等、水産基盤整備事業を推進するためのさまざまな課題があります。

このような状況において異形消波ブロックは、反射波の低減効果や波や流れに対する安定性に優れ、 国民の生命・財産を守るための国土保全の役割をしているばかりではなく、ブロックの形状からできる空隙やブロックの表面を利用しての、 海藻やサンゴ等の着生基盤や魚介類の産卵・育成・摂餌・幼稚子魚の隠れ場としての機能をも備えており、 海洋生態系の多様性の維持・増進に貢献しています。 また、これらの生物の活動やエアレーションによる水質浄化機能も有しているなど、異形消波ブロックは多大な可能性をもっています。 当専門部会では、自然環境の保全と創出及び水際線の利用・リサイクル・コスト縮減等を念頭において新しい利用方法を考えています。


フロンティアキューブ

フロンティアキューブは、湧昇流発生構造物の造成を効率的、経済的に推進するため、新たに研究開発したブロックです。当研究会・人工湧昇流マウンド礁用コンクリートブロックの開発共同研究グループへお問い合わせください。