津波越流に対する防波堤腹付マウンド被覆ブロックの所要質量算定マニュアル


マニュアル表紙

津波による流れが防波堤天端を超える場合の基礎捨石マウンド被覆ブロックの安定質量は三井ら(2013)の式で算定することができます。
この式では異形ブロック固有の安定数Nが必要です。本マニュアルではブロック固有の安定数Nを適切かつ統一的に評価するための標準的な実験方法を取りまとめています。
なお、取りまとめた実験手法に則って実施された各種異形ブロックの安定数Nを巻末資料として、また、三井らの式と安定数Nを用いたブロック所要質量算定手順についても記載しています。

正誤表・更新資料のダウンロード

※本文のダウンロード対応はしておりません。お問い合わせフォームより冊子をお求めください

  1. 製品別安定数の更新資料の内容
  2. 1)p.31及び32、p.44及び45の製品別安定数の図表を更新
  3. 2)平型ブロックと立体型ブロックを1種ずつ追加
  4. 3)1)及び2)に伴うp.6図-2.3とp.7図-2.4の更新
  5. 4)p.26及びp.40の製品の取扱い会社の変更

本マニュアルの正誤表及び補足説明、及び製品別安定数の更新資料(令和元年7月)