水産公共関連民間技術の確認審査・評価事業

当研究会では、民間事業者が開発した技術(漁港・漁場・漁村および海岸等の整備・開発、利用・管理等に関する技術)を評価する水産公共関連民間技術の確認審査・評価事業を実施しています。この事業は、申請された技術を学識経験者で構成される委員会で客観的・中立的な立場から内容を確認して評価するものです。

 当研究会としては、こうした第三者機関の審査・評価過程を経る事により民間事業者が開発した技術の内容と開発過程で行われた機能・効果の検証に関する客観性が高まり、具体的な水産公共事業に適用されやすい環境を整えることを目的としています。

確認審査・評価の流れ

(1)事前準備

申し込みにあたり、資料等の事前打ち合わせ、受付審査等を行い、受付が適当と判断された案件につき、評価に係る資料等の作成をお願いします。

(2)評価委員会による審査

第三者機関である評価委員会に資料を提出すると共に、内容を説明していただきます。

(3)評価証の交付

評価委員会からの技術の評価に係る助言を踏まえて、当研究会より評価証を交付します。当研究会は評価結果をホームページに公表するほか、関係行政機関等に評価報告書等を配布するなど、技術の普及を図ります。

申請スケジュール(平成29年度)

募集期間 平成29年5月1日~7月31日
評価終了時期 平成30年3月(予定)

評価の対象となる技術

漁港・漁場・漁村および海岸等の整備・開発、利用・管理等に利用できる技術であって、民間企業が開発した下記の分野の技術を対象とします。

  1. 新工法、新構造、新材料など水産公共整備関連の基盤的な技術
  2. 環境、リサイクル、景観、衛生管理、再生可能エネルギーに関する技術
  3. 水産公共関連施設を適切に維持していくための技術
  4. 漁港・漁村の情報、通信、防災、危機管理等に関する技術

平成27年度の評価技術について

平成28年6月17日サニー会議室(神田)にて、平成27年度水産公共民間技術の評価・認定事業 評価証授与式が執り行われました。平成27年度は、一般技術(1件)、要素技術(1件)の依頼技術2件に評価証が授与されました。

H27評価証授与式
平成27年度 水産公共関連民間技術の確認審査・評価事業
評価技術一覧表
技術種類評価番号技術の名称会社名
一般技術第15-A-001号スプリッツアンカー工法日特建設株式会社
要素技術第15-B-001号ESCONカバープレート株式会社 エスイー

平成26年度の評価技術について

平成27年6月16日サニー会議室(神田)にて、平成26年度水産公共民間技術の評価・認定事業 評価証授与式が執り行われました。平成26年度は、一般技術(2件)、要素技術(5件)の依頼技術7件に評価証が授与されました。

H26評価証授与式
平成26年度 水産公共関連民間技術の確認審査・評価事業
評価技術一覧表
技術種類評価番号技術の名称会社名
一般技術第14-A-001号岸壁・護岸補強アンカー工法株式会社 エスイー
第14-A-002号サブプレオフレーム日建工学株式会社
要素技術第14-B-001号海藻カートリッジ三省水工株式会社
第14-B-002号柱状礁(柱状構造) 株式会社海中景観研究所
第14-B-003号ウニプロテクター株式会社 三柱
木曽興業株式会社
第14-B-004号環境活性コンクリート日建工学株式会社
第14-B-005号植食性魚類の食害防御材株式会社不動テトラ


評価申し込みについて詳しい案内をダウンロードできます(pdfファイル)


(申請様式のフォーマットはこちらから)