ゴム資材専門部会


よりよい漁港を目指して

ゴム資材専門部会は、課題であります「より良い漁港」を目指し、ゴムメーカーが協力し、漁港に必要なものに向かって取り組んでいます。
研究テーマには以下のようなものがあります。

○「漁港用防舷材の設計及び案内」の解説書作成及び配布

平成14年度に改訂発行致しました「漁港用防舷材の設計及び案内」の解説書として、その内容をよりわかりやすく、より利用しやすくまとめたものです。

○舷材調査結果のまとめ

今まで実施して参りました各現地調査を行った結果を考察し、より良い漁港用防舷材の設計を提案しようと計画したものです。

○漁港用防舷材の取替え基準の検討
○潜り込み防止ゴムネットの固定方法の検討
○現地調査の追加(モデル港の実態調査及び利用者への聴き取り調査)


漁港におけるゴム防舷材の劣化傾向と耐久性について

水産基盤施設の長寿命化の観点から、全国の漁港にあける漁港用防舷材とV型防舷材の状況を調査し、劣化の傾向と耐久性について分析しました。 また、アンケートにより漁港用防舷材の機能が起用者にどのように評価されているのかの調査も実施しました。
漁港におけるゴム防舷材の劣化傾向と耐久性に関する調査